世界遺産 五箇山の合掌造り集落

1995年12月、ユネスコの世界遺産に文化遺産として登録。
「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの家屋は、国内の他地域にはない、五箇山と白川郷のみに現存する大変貴重な民家の形式です。
世界遺産に登録された相倉合掌造り集落には23棟、菅沼合掌造り集落には9棟の合掌造りが現存していますが、約100年~200年前のものが多く、古いものは400年前に建造されたといわれています。雪深いという厳しい自然に対応する強固な造り、さらに生活の場と生業の場をひとつにした合理的な建築です。人々の生きる知恵が生んだ偉大な発明、それが合掌造りと言えます。

相倉・菅沼は、国指定史跡であり、世界文化遺産として登録された文化財保護地域です。また、地域住民約80人が現在も生活しています。

相倉(あいのくら)

平成7年12月、ユネスコの第19回世界遺産委員会において、岐阜県白川村荻町、富山県五箇山相倉、菅沼の各合掌造り集落が「世界遺産」として登録されました。
相倉合掌造り集落には、23棟の合掌造り家屋が現存し、田畑、石垣、雪持林とともに懐かしい景観を見せています。相倉民俗館や合掌の宿やお土産店などがあり、素朴な人情と伝統文化に触れることができます。今も、昔ながらの生活が息づく、山間の小さな集落です。
●駐 車 場/普通車・軽自動車500円(保存協力金)
●お問い合せ/相倉保存財団 TEL. 0763-66-2123


菅沼(すがぬま)

昭和45年に国の史跡指定を受け、平成6年に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、平成7年12月には相倉合掌造り集落とともに世界遺産に登録されました。
菅沼合掌造り集落には、ありのままの自然に抱かれた9戸の合掌造り家屋があり、のどかで閑静な環境を今に残しています。集落内には五箇山の歴史と伝統を体験できる五箇山民俗館や塩硝の館があり、周辺には五箇山生活館などがあります。

●駐 車 場/普通車・軽自動車500円(保存協力金)

●お問い合せ/菅沼世界遺産保存組合 TEL.0763-67-3008

TOP世界遺産 五箇山五箇山民謡五箇山和紙交通アクセスお問い合わせ